第61号 平成20年7月10日

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■
◆◇◆      福山市医師会子育て支援メールマガジン     ◆◇◆
                  第61号 平成20年7月10日

  福山市医師会は、子供さんの健やかな成長とお母さま方の子育てを応援
 しており、さまざまな子育てに関する情報をメールマガジンとして配信い
 たします。
  小児科医や産婦人科医による子育てや病気の説明、流行している疾患の
 情報、イベントのご案内等を毎月配信いたします。

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■ 
===================================
□ Index
 ● 最近の感染症情報
 ● 今月のトピック 「熱中症について」
 ● おくすり一口メモ 「誤飲の注意!!」
 ● 第25回お手軽おやつレシピ!「豆腐の牛乳寒天」
 ● パパ・ママへ(子育て支援事業のご紹介)
 ● お知らせ
===================================

●最近の感染症情報

 これまで患者数の多かった感染性胃腸炎と水痘(水ぼうそう)は共に減少
してきていますが、代わって手足口病やヘルパンギーナなどのいわゆる夏風
邪が増加傾向にあります。
 また、毎年プールが始まる頃に流行する咽頭結膜熱(プール熱)も少しず
つ増加してきていますので注意が必要です。

 なお、流行していた百日咳は5月をピークに減少に転じて、現在は流行前
の患者発生数と同じ状況にまで終息しています。その他では、溶連菌感染症
が先月から横ばい状況となっています。

 夏休みが間近となり、お出かけや行事などもたくさん予定されていること
と思いますが、体力を消耗しやすい季節ですので、身体を休める時間を作っ
たり、規則正しい生活をするなど、子どもたちの体調管理にはご留意くださ
い。
 また、プールに入った後には目を洗い、タオルの使い回しはしないように
しましょう。

☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●今月のトピック

**********************************************************************
     「 乳幼児がかかりやすい熱中症。
         短時間でも子供を車の中に置いて行かないで 」
**********************************************************************

 日ごとに日差しが強くなり、気温もぐんぐん上がるころ。

 今回は、熱中症についてのO&Aをご紹介します。

Q 熱中症とは?
A 「暑熱環境下における、身体の適応障害によって起こる状態」と定義さ
  れます。乳幼児ほど強く影響を受けるといわれています。熱中症は重症
  度で3段階に分けられます。

Q 第1段階は?
A  Ⅰ度で、熱けいれんと熱失神に分けられます。熱けいれんは、水分と
  塩類喪失によって起きます。多くはこむら返りと呼ばれる下肢の筋肉の
  有痛性のけいれんが見られますが、体温は正常かやや上昇している程度
  です。熱失神(日射病を含む)は、末梢(まっしょう)性循環不全に伴
  う起立性低血圧です。一過性の意識低下以外の異常や、体温の上昇はあ
  りません。
   もし、お子さんがこのような状態になったら、涼しい所に寝かせて、
  スポーツドリンクなどの、糖分と塩分を含む飲み物を与えましょう。

Q Ⅱ度の状態は?
A  熱疲労と呼ばれるもので、体温は正常のこともありますが、中等度の
  上昇が多く、40度以上を超えることはありません。発汗などで脱水と
  塩類喪失が起きて、循環不全が起きた状態です。脱力、嘔吐(おうと)、
  めまい、筋肉痛などが見られ、意識は正常なことがほとんどです。軽い
  意識障害が見られることもあります。点滴が必要な状態なので、早めに
  医師を受診しましょう。

Q Ⅲ度になると?
A  熱射病と呼ばれるもので、40度以上の高熱、循環不全・臓器障害が
  起こります。発汗も見られなくなり、意識障害を伴います。けいれんを
  伴うこともあります。生命の危険がある状態なので、急いで救急病院を
  受診してください。短時間で重症度が進む場合もあるので注意が必要で
  す。
   また、夏場、車内は驚くほど高温になります。たとえ短時間であって
  も乳幼児を車の中に放置することは危険です。置いて行かないようにし
  てください。

  リビングふくやま(6月28日号)掲載記事より


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●おくすり一口メモ

**********************************************************************
   「 誤飲の注意!! 」    福山市薬剤師会
**********************************************************************

 誤飲とは、本来口にしないものを食べたり、飲み込んだりすることですが、
兄弟姉妹がいる場合、他の兄弟のお薬を間違えて飲んでしまうお薬の誤飲が
起こることがあります。小さなお子さんが間違えた場合には有害作用がでる
こともありますのでお薬の管理には十分お気をつけください。

 また、3歳くらいまでの乳幼児で気をつけて頂きたいのが、タバコ、小銭、
ボタン電池、化粧品、薬品、灯油、ナフタリン、シリカゲル等の誤飲で、枚
挙にいとまがありませんが日常での注意が必要です。
 中でもタバコは日頃大人が口にしているのを小さな子どもも見ているため
自然と口にしてしまいがちです。予防策はタバコをやめて頂くのが一番です
が、まずは1メートル以上の高さの場所に吸殻も含めて置くように心がけて
ください。

 また、500円玉より少し大きい物まで誤飲の可能性がありますので、日
頃から気をつけましょう。

 その他に冬場には灯油の誤飲も考えられます。一般に揮発性の高い灯油な
どの石油製品は「吐かせて」はいけませんし「牛乳」を飲ませてもいけませ
ん。吐く際に食道を痛めたり、揮発成分が肺に入って「誤嚥(ごえん)」と
なり肺や気管支を痛めてしまうことがあるからです。除光液や液体蚊取りも
同様です。

 もしも子どもさんが誤飲をしてしまったら、慌てずに毒性が少ないと思わ
れても「品名(成分)」「誤飲量」等を出来る限り把握して医療機関に相談
しましょう。


↓ 参考ホームページはこちら ↓
「財団法人 日本中毒情報センター ホームページ」
http://www.j-poison-ic.or.jp/homepage.nsf
※誤飲・誤嚥の事故が起こった時にどうすればよいのか、また誤飲が起こら
 ないように気をつける点等を紹介しています。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●第25回 お手軽おやつレシピ!

**********************************************************************
        「 豆腐の牛乳寒天 」
**********************************************************************

 梅雨に入り、蒸し暑い日が続いています。
 こんな季節には、喉ごしの良いものが食べたくなりますね。
 フルーツのゼリーもいいのですが、たまには少し違ったものもいいのでは
ないでしょうか?

 今回は豆腐と牛乳を使った寒天の紹介です。

 牛乳には骨の成長を助けるカルシウム、豆腐にはイソフラボンが豊富に含
まれています。

 また食欲がない時には簡単に豆腐から良質なタンパク質がとれますよ。

★ 豆腐の牛乳寒 ★

<材料>
 絹ごし豆腐    1丁(300g)
 砂糖     100g
 牛乳     200g
 粉寒天      4g
 水      400cc

<作り方>
 ① ボウルに豆腐をちぎって入れ、砂糖を加えて泡だて器でよく混ぜる。
  (ミキサーで混ぜると、きめ細かく喉ごしのよい寒天になります)
 ② 小鍋に、水と粉寒天を入れ溶かす。へらでまぜながら中火で煮溶かす。
 ③ ①のボウルに②で溶かした寒天を少しずつ混ぜる。
 ④ ③に牛乳も加える。(一気に入れると分離するので少しずつ)
 ⑤ バットや器に入れて冷やし固める。

 ※好みでジャムをかけたり、固める時にフルーツの缶詰などを入れてもお
  いしいですよ。
  ただし、豆腐や牛乳で作る寒天のため夏場は傷みやすいのでその日の内
  に食べるようにしましょう。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●ママ・パパへ(子育て支援事業のご紹介)

 1┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 福山夜間小児診療所
http://www.fmed.jp/kosodate/yakan/index.html

 2┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ すこやか育児サポート事業(無料育児相談)
http://www.fmed.jp/kosodate/k_shien/sukoyaka/index.html

 3┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 日本医師会「キッズクラブ」  http://www.med.or.jp/kids/

  ☆★ PICK UP ★☆
いまどき!おとぎばなし 「ひこにっちーとおりひめりん」
http://www.med.or.jp/kids/theata/anime2/kca_orihimerin.html

☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●お知らせ
  □このメールマガジンで取り上げて欲しい話題や
    こんなことを教えて欲しいという事がありましたらこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行】 社団法人 福山市医師会
   ホームページ http://www.fmed.jp
 
  ■このメールマガジンに関するご意見・ご感想はこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━