第66号 平成20年12月10日

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■
◆◇◆      福山市医師会子育て支援メールマガジン     ◆◇◆
                  第66号 平成20年12月10日
  
  福山市医師会は、子供さんの健やかな成長とお母さま方の子育てを応援
 しており、さまざまな子育てに関する情報をメールマガジンとして配信い
 たします。
  小児科医や産婦人科医による子育てや病気の説明、流行している疾患の
 情報、イベントのご案内等を毎月配信いたします。

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■ 

===================================
□ Index
 ● 最近の感染症情報
 ● 今月のトピック 「かぜについて」
 ● おくすり一口メモ 「ペリアクチンについて」
 ● 第9回季節のお料理レシピ!「ツリーの形のミートローフ」
 ● パパ・ママへ(子育て支援事業のご紹介)
 ● お知らせ 
===================================

●最近の感染症情報

 インフルエンザの発生数が3週間連続で急増しています。県内では10月
中旬に初めて発生報告があり、その後も急増しています。目下のところはA
ソ連型が主流で、福山市内でも増加傾向にあります。

 インフルエンザはこれから本格的な流行期に入りますので十分用心してく
ださい。また、予防接種もまだ間に合います。インフルエンザワクチンの接
種が済んでいないお子さんはかかりつけ医の先生に相談の上、出来るだけ早
くワクチンを受けて予防することをお勧めします。

 その他には、RSウイルス感染症が増加傾向にあります。患者発生数はイ
ンフルエンザの1.5倍程度で、例年12月がピークとなり3月頃まで流行
が続きます。

 また、嘔吐下痢症も目立ってきています。現在のところはノロウイルスに
よる嘔吐下痢症が中心で、ロタウイルスによるものは少数です。

 水痘(水ぼうそう)もインフルエンザと同規模の流行状況です。
 
 冬は感染症の流行しやすい季節ですので、毎日の生活の中でも予防を意識
して、手洗い・うがいを忘れずしっかり実践してください。またマスクの着
用や、人混みを避けるなどの対応も有効です。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●今月のトピック

**********************************************************************
    「かぜ症候群」はウイルス感染による病気
          十分な睡眠と栄養などで免疫力を保って予防を
**********************************************************************

 だんだんと寒さが厳しくなるころですね。

 今回は、赤ちゃんや子供の病気で一番多い「かぜ」についてお話します。


Q まず、かぜについて教えてください。
A 医学的に「かぜ」という単一の病気はありません。せき、鼻水、発熱や
  頭痛、倦怠(けんたい)感、食欲不振などの症状を総称して「かぜ症候
  群」と呼びます。80%〜90%はウイルスが原因で200種類以上あ
  り、細菌によるものは少ないです。

Q なぜウイルスに感染するのでしょう?
A 感染経路は2種類あり、ウイルスが付着した物を手で触り、その手で鼻
  をこすったりして感染する接触感染と、せきやくしゃみで飛び散ったウ
  イルスを吸い込むことで感染する飛まつ感染があります。

Q 治療法は?
A ウイルスを直接やっつける薬はないので、対症療法が中心になります。
  せきや鼻水を軽くする薬を飲んだり、水分補給・体力保持に努めてくだ
  さい。多くは軽症で、1週間程度で軽快しますが、ときに鼻炎から中耳
  炎に進行したり、肺炎などを合併して重症化する場合もあります。高熱
  が続く、せきがひどい、ひどく不機嫌、ぐったりしているなどの場合に
  は、小児科の受診を。

Q 予防法は?
A インフルエンザや麻しんのようなワクチンはありません。十分な睡眠、
  栄養バランスの良い食事、水分補給に心掛けてください。鼻やのどに付
  着したウイルスを排除しやすくするため、部屋の加湿やマスクをするの
  も有効です。手洗い、うがいも忘れずに。

Q 発熱が気になりますが...。
A 発熱は体の防御反応の一つ。体温が高くなるとウイルスの増殖は弱まる
  ので、発熱=病気が重いというわけではありません。抗生剤は風邪の薬
  だと誤解している人がいますが、抗生剤は細菌に対する薬なので、ウイ
  ルスには効きません。風邪に細菌感染が合併したときやその恐れがある
  ときなど、必要に応じて使われるものです。


                      リビングふくやま(11月29日号)掲載記事より



☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆


●おくすり一口メモ

**********************************************************************
   「ペリアクチンについて」        福山市薬剤師会
**********************************************************************


 アレルギー反応によって分泌される「ヒスタミン」という物質の過剰な作
用を邪魔する働きのおくすりが「抗ヒスタミン薬」と呼ばれ、なかでも代用
的で一般的に使用されているのがペリアクチンというお薬です。

 ヒスタミンは、かゆみを起こしたり、気管を収縮して呼吸困難や咳・痰
(たん)の排出を邪魔したり、鼻汁の分泌を促進したりします。
 そのため、ペリアクチンは蕁麻疹(じんましん)や虫刺されのかゆみ、風
邪の諸症状のうち鼻水や咳などがひどい場合に使われます。

 ペリアクチンの特徴に「眠気」の副作用があらわれることが多くあります
が心配はいりません。ただし、大人が服用する場合は、車の運転などには注
意が必要ですし、アルコールとの併用は避けてください。また、まれに食欲
が高まることもあります。

 ぺリアクチンは少量で有効なお薬ですので分量の飲み間違いのないように
気をつけてください。
 またぺリアクチンは、粉や錠剤、またはシロップ剤など様々な剤形があり
ますので重複して服用しないように気をつけましょう。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆


● 第9回 季節のお料理レシピ! 

**********************************************************************
         「 ツリーの形のミートローフ 」
**********************************************************************

 寒い日が続くようになりました。

 今月は、子供たちがまちに待ったクリスマスです。

 寒くなって雪が降り、ホワイトクリスマスになると楽しいですね。

 今回は冬にぴったりな熱々ミートローフをご紹介します。



★ツリーの形のミートローフ★

<材料> 合挽きミンチ  500g
     たまねぎ    200g
     卵       2個
     パン粉     40g
     牛乳      大さじ5
     ケチャップ   1/4カップ
     マヨネーズ   1/4カップ
     ピザ用チーズ  適量

  (飾り用) ブロッコリー、人参、うずら卵、プチトマトなど

<作り方>
 ①たまねぎはみじん切りにし、フライパンで炒めて荒熱をとっておく。
  パン粉は牛乳で湿らせる。
 ②ボールに①と合挽きミンチ、卵を入れよくこねておく。
 ③アルミホイルを敷いた天板に②をのせ、クリスマスツリーの形にする。
 ④200℃に余熱しておいたオーブンで③を約35分焼く。
 (この時少し様子を見ながら焦げ目がついたらアルミホイルをかぶせても
  いいでしょう。)
 ⑤竹串でさして透明な肉汁が出たら焼き上がり。
  これにピザ用チーズを適量のせ、そのまま5分ほどオーブンに入れてチ
  ーズを溶かす。
 ⑥ゆでたブロッコリーやうずらの卵、星型に抜いた人参、プチトマトで飾
  りつけをしましょう。
 ⑦食べる前にケチャップ、マヨネーズを混ぜたオーロラソースをかければ
  出来上がりです。

 ※ 中に色々な具を入れて型に入れて焼いても楽しいですよ。
   その時は切り口に模様が出来るようにするときれいです。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆


●ママ・パパへ(子育て支援事業のご紹介)

 1┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 福山夜間小児診療所
http://www.fmed.jp/kosodate/yakan/index.html

 2┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ すこやか育児サポート事業(無料育児相談)
http://www.fmed.jp/kosodate/k_shien/sukoyaka/index.html

 3┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 日本医師会「キッズクラブ」  http://www.med.or.jp/kids/

  ☆★ PICK UP ★☆
いろいろなびょうき「インフルエンザ」
http://www.med.or.jp/kids/byoin/sick/0405/0405-1.html
気をつけよう「さむい!さむい!」
 http://www.med.or.jp/kids/seika/genki/kb0412/index.html
工作「クリスマスツリーを作ろう!」 
 http://www.med.or.jp/kids/seika/nature/sizen15/index.html

☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●お知らせ
  □このメールマガジンで取り上げて欲しい話題や
    こんなことを教えて欲しいという事がありましたらこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行】 社団法人 福山市医師会
   ホームページ http://www.fmed.jp
 
  ■このメールマガジンに関するご意見・ご感想はこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp


<< ご注意 >>

     このメールには返信しないようにお願いします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
***********************************
福山市医師会は
地球温暖化防止プロジェクト「チーム・マイナス6%」に参加しています!

 CO2を減らす「チーム・マイナス6%」ホームページ
     http://www.team-6.jp/
***********************************