第74号 平成21年8月11日

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■
◆◇◆      福山市医師会子育て支援メールマガジン     ◆◇◆
                  第74号 平成21年8月11日
  
  福山市医師会は、子供さんの健やかな成長とお母さま方の子育てを応援
 しており、さまざまな子育てに関する情報をメールマガジンとして配信い
 たします。
  小児科医や産婦人科医による子育てや病気の説明、流行している疾患の
 情報、イベントのご案内等を毎月配信いたします。

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■ 
===================================
□ Index
 ● 最近の感染症情報
 ● 今月のトピック「子どもの長引く咳について」
 ● おくすり一口メモ「カチリについて」
 ● 第30回お手軽おやつレシピ!「フルーツゼリーパフェ」
 ● パパ・ママへ(子育て支援事業のご紹介)
 ● お知らせ 
===================================

●最近の感染症情報

 現在、最も多い小児の感染症は感染性胃腸炎(嘔吐下痢症)ですがわずか
に減少傾向にあります。
 2番目に多いのはヘルパンギーナで、夏かぜの1つですが、現在、増加の
傾向は見られません。
 次が流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)と水痘(水ぼうそう)ですが、水痘
は減少が見られます。

 その他に注目される感染症として、インフルエンザとRSウイルス感染症
が増加傾向を示しています。
 この2つの病気は季節的には流行期ではありませんが、現在増加傾向が見
られることからまだ目が離せない状況です。
 特にRSウイルス感染症では、かぜ症状の後に喘鳴と呼吸困難を起こして
入院にいたる乳幼児が少なくありませんので注意しましょう。

 また、季節的にはO−157を初めとする出血性腸炎が広島県全体で40
件届け出られており、内12件が福山市で発生しています。
 焼肉などで十分に火の通っていない肉を食べたことで発病している場合も
少なくありません。特に夏から秋にかけては生ものの摂取は控え、十分に加
熱調理をして感染を防ぐように気をつけましょう。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●今月のトピック

**********************************************************************
    子どもの長引く咳は、マイコプラズマなどの感染症や
           アレルギーが原因の場合も。早めに受診を
**********************************************************************

「風邪でもないのに1〜2カ月、子どもの咳(せき)が続いている」と小児
科を受診するケースが増えています。そこで今回は、「子どもの長引く咳」
についてお話します。


Q 咳が長引く状態は心配ですね。
A 起きたとき、眠りかけのときに数分間、咳込むという症状が数日間続く
  だけだと様子見でいい場合もありますが、病気による咳もあります。


Q それはどんな場合ですか?
A この時季に多いのは、アレルギー性の病気が関与している場合です。梅
  雨は湿気によりダニが増えやすく、それに伴って咳が出る子が増えるの
  です。軽度のぜんそく、花粉症などのアレルギー性の病気がかかわって
  いて、水様性の鼻汁、鼻詰まりなどを伴う咳が多く見られます。
  そのほかマイコプラズマ感染症、肺炎クラミジア感染症、百日咳、乳児
  のRSウイルス感染症など、感染症やその後に長引く咳があります。ま
  た、鼻詰まりや膿(のう)性鼻汁など、副鼻腔(くう)炎に伴う咳もあ
  ります。


Q 最近よく聞くマイコプラズマ感染症について教えてください。
A マイコプラズマ感染症の特徴は、激しく頑固な咳です。乾いた咳が長く
  続き、特に夜、強く認められます。頭痛やのどの痛みなどの風邪症状を
  伴うことも多く、風邪として薬を飲んだが治らないというときに疑われ
  ることが多いようです。
  血液検査の結果が悪くなくても特徴的な咳と経過からこの病気を疑い、
  胸部レントゲンを撮ったら肺炎の影が見つかることがしばしばあります。
  そして困ったことに、通常よく外来で使用されるセフェム系抗生剤は効
  果がなく、ある種の薬剤が用いられますが、苦いのが欠点で飲みやすく
  する工夫が必要となります。


Q 長引く咳の対処法は?
A 原因は受動喫煙や気道異物、心因性の咳、胃食道逆流現象など、ほかに
  も多様にあります。大切なのは原因は何かを見極めることです。様子見
  でいい咳もありますが気になるときは早めに医師に相談してください。

                       リビングふくやま(7月25日号)掲載記事より


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●おくすり一口メモ

**********************************************************************
      カチリについて          福山市薬剤師会
**********************************************************************

 カチリとは、水痘(みずぼうそう)のお子さんによく処方されます白い泥
状のくすりのことです。

 このお薬は「フェノール・亜鉛華・リニメント」、又は「カルボン・チン
ク・リニメント」とも呼ばれ、その略称がカチリと言います。

「フェノール」の消毒・かゆみ止め作用と「亜鉛華」の炎症を和らげ患部を
保護する作用で使われます。「リニメント」とは軟膏やクリームより柔らか
で水薬よりは粘性がある泥状の剤形を言います。泥状はトラガントという成
分で作られていて薄い膜をつくって亜鉛華と同様の保護作用があります。

 基本的には1日2〜3回の塗布ですが保護作用を考えると、乾いて落ちた
り、汗や水で流れたりして患部が見えるようなら再度塗ってください。水痘
は患部を掻きむしって二次感染を起こすと伝染性膿痂疹(とびひ)にもなり
ますので鎮痒保護が大切です。お子さんにも引掻かないように十分の注意を
してあげてください。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●第30回 お手軽おやつレシピ!

**********************************************************************
          「 フルーツゼリーパフェ 」
**********************************************************************

 まだまだムシムシする日が続きますね。

 こんな時のおやつはツルンと喉越しの良いものがうれしいですね。

 今回は色々なフルーツを使ったゼリーのパフェです。
 見た目も豪華で楽しいですよ。



★フルーツゼリーパフエ★

<材料 4人分>  もも缶       1/2缶、
          ミカン缶      1/2缶、
          イチゴ       1/2パック
          バナナ       1/2本、
          ゼラチンシート   1枚
          牛乳        少々
          砂糖        少々
          ホイップクリーム  少々
<作り方>
①ももとミカンの缶詰のシロップにゼラチンシートを入れ火にかけ溶かす。
(※ 液はしっかり固めたい時はゼラチンを多めに入れましょう)
②もも、イチゴ、バナナを一口大に切る。
③グラスに②で切ったフルーツとミカンを入れ、さらに荒熱のとれた①のゼ
 ラチン液をフルーツがひたるぐらいに注ぎ入れ、冷蔵庫で冷やす。
④牛乳と砂糖少々を③で残ったゼラチン液に加える。
⑤冷やして固まった③のグラスに④を上からかけて、更に冷蔵庫で冷やして
 固める。
⑥最後にホイップクリームを泡立てて飾ると出来上がり。

 ※ 今回はグラスに入れてパフェ風にしましたが、大きな容器で作って切
   り分けてもいいでしょう。
   また、ゼラチン液にカキ氷のイチゴやメロンなどのシロップを入れて
   作るとまた感じが変わってきれいですよ。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●ママ・パパへ(子育て支援事業のご紹介)

 1┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 福山夜間小児診療所
http://www.fmed.jp/kosodate/yakan/index.html

 2┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ すこやか育児サポート事業(無料育児相談)
http://www.fmed.jp/kosodate/k_shien/sukoyaka/index.html

 3┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 日本医師会「キッズクラブ」  http://www.med.or.jp/kids/

  ☆★ PICK UP ★☆
 いろいろな病気!「水いぼ」
  http://www.med.or.jp/kids/byoin/sick/0506/0506-1.html

 食べ物探検隊「緑のピーマンと、赤や黄色のピーマンはちがうの?」
 (自由研究にオススメ!)
 http://www.med.or.jp/kids/seika/tanken/ki0708/ki0708a.html

☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●お知らせ
  □このメールマガジンで取り上げて欲しい話題や
    こんなことを教えて欲しいという事がありましたらこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行】 社団法人 福山市医師会
   ホームページ http://www.fmed.jp
 
  ■このメールマガジンに関するご意見・ご感想はこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
***********************************
福山市医師会は
地球温暖化防止プロジェクト「チーム・マイナス6%」に参加しています!

 CO2を減らす「チーム・マイナス6%」ホームページ
     http://www.team-6.jp/
***********************************