第8号 平成16年2月10日

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■
◆◇◆  福山市医師会子育て支援メールマガジン  ◆◇◆
                 第8号 平成16年2月10日

 福山市医師会は、子供さんの健やかな成長とお母さま方の子育てを応援
 しており、さまざまな子育てに関する情報をメールマガジンとして配信
 いたします。
 小児科医や産婦人科医による子育てや病気の説明、流行をしている疾患
 の情報、イベントのご案内等を毎月配信いたします。

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■ 

====================================
 □ Index
  ● 最近の感染症情報
  ● 今月のトピック1 「育児ワンポイントメモ」
  ● 今月のトピック2 「子ども予防接種週間について」
  ● お手軽おやつレシピ! 第2回「ごまのおしるこ」
  ● 子育て支援行事の予定
  ● 子育て支援事業のご紹介
  ● お知らせ
====================================

●最近の感染症情報

例年より遅れてインフルエンザが流行しておりますが、今回は予防摂取率
が高かったこともあり大きな流行とはなっていません。しかしながら、市
内でも学級閉鎖が徐々に増えてきております。
現在流行しているインフルエンザウイルスの種類と割合は、インフルエン
ザに罹った人100人中93人はA香港型、6人はB型、1人がAソ連型
となっております。
インフルエンザに次いで、嘔吐下痢症、RSウイルスによる細気管支炎な
ども流行が続いております。
また、溶連菌感染症が就学前後の子どもたちを中心に徐々に増えてきてお
ります。
うがい、手洗いの励行、極力人混みを避けるなどして感染を防ぎましょう。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

●今月のトピック1
***********************************************************************
「育児ワンポイントメモ」
            おおえ小児科 大江啓二 先生
***********************************************************************

赤ちゃん元気ですか?

母子手帳を利用していますか?

赤ちゃんは1才になるまでめまぐるしく成長発達します。身長は1.5倍、
体重は3倍になりながら精神神経機能も発達します。

その様に発達する赤ちゃんの育児には、たくさんの悩みが出てきます。
育児環境、栄養、病気など、ひとつひとつが総て問題になるからです。
そこで問題の解決方法として便利なのが、母子手帳に記載してある乳児身
体発育曲線を利用することです。

赤ちゃんの体の具合を知る簡単なしかも1番の方法は、お乳をしっかり飲
んでいるかどうか、体重がうまく増えているかどうかということです。身
長が高いなら体重も大きく、身長が低いなら体重が小さくても大丈夫です。
バランスよく成長していれば、赤ちゃんの体は健康と考えます。

普段から身長や体重の計測を心掛け母子手帳に記入してカーブを書いてく
ださい。不思議と発育曲線に沿って赤ちゃんは大きくなります。
そうなっていれば、お母さんの育児は、ほぼ満点です!

また、母子手帳にはいろんな知識や知恵がたくさん入っています。

一度じっくり読んでみてください。


☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
 
●今月のトピック 2
***********************************************************************
「子ども予防接種週間について」
      いぶき小児科 伊吹芳訓 先生
***********************************************************************

- 3月1日~7日は「子ども予防接種週間」
             土曜と日曜も予防接種が受けられます -

3月1日~7日は「子ども予防接種週間」(主催=日本医師会、日本小児
科医会)。全国的にいろいろな活動が展開されます。

「日本は予防接種率が低く、諸外国から"はしかの輸出国"と批判されて
いるのが現状。予防接種の対象になっている病気は伝染力が高く、いずれ
もかかると重症で重い合併症や後遺症を残してしまいます。特に、はしか
は脳炎や脳症の発生率が高く、乳児は肺炎の合併率が高くなります。
また、数年後でも、頭の中に残ったウイルスがSSPE(亜急性硬化性全
脳炎)を引き起こし、死に至るケースがあります。自然にかかればいいと
か、100%予防できるわけではない、と言う方もあるのですが、入園・
入学前のこの時期、今回の子ども予防接種週間で、もう一度予防接種を見
直してほしいのです。」

子ども予防接種週間の内容は?
「さまざまな予防接種の相談に応じたり、普段、お勤めになっていて受け
られないという方のために、土曜と日曜日も予防接種を行います。実施医
療機関は2月の終わりに決定。医療機関内への貼り出しや、医師会ホーム
ページ(下記参照)でお知らせしています。」

予防接種を受け忘れないためには?
「母子手帳だけで終わらせないで、カレンダーに、次はいつごろ、何を受
けなくてはならないかを書くようにしましょう。福山市では、ポリオ、は
しかなどは無料で受けられますから、かかりつけのお医者さんに聞いてみ
てください」

            リビングふくやま(1月31日号)掲載記事より

 ※予防接種週間における接種可能医療機関リスト
  http://www.fmed.jp/

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

●お手軽おやつレシピ  第2回「ごまのおしるこ」

寒い日には、温かくておいし~いおやつを作りたいですね。
今回ご紹介するおしるこは、ごまの栄養を丸ごと吸収できて、その上体も
ポカポカになる優れもののおやつです。

― まめ知識 ―

ポイント①「栄養の宝庫"ごま"」
ごまは、小粒ながらもビタミン類・カルシウム・鉄・食物繊維などをたっ
ぷり含んでいます。そして、粒のままでは消化されにくいけれど、炒りご
まや練りごまにすると吸収率が大幅にアップします。

ポイント②「"ごま"で体ポカポカ」
ごまは、血行を促進する「ビタミンE」と、体の保温に欠かせない「良質
のたんぱく質」が豊富なので、体の中から温めてくれます。

ポイント③「カルシウム補給はおまかせ!!」
お子様にとってカルシウムは、丈夫な歯や骨を作るために大切な栄養素で
すが、3度の食事では不足しがち。練りごまは、大さじ1杯で1日に必要
なカルシウム量の30%相当の120mgも含まれる優れものですので、お
やつに使って、おいしくカルシウム補給しましょう!


♪♪ ごまたっぷりのおしるこのレシピ ♪♪

【材料】 (2人分)
    練りごま   大さじ1
    牛乳     150cc
    ゆであずき缶 大さじ2
    白玉粉    40g
    水      40cc

 ※牛乳アレルギーの方は豆乳を使ってね。
  骨を強くする"イソフラボン"が豊富でとっても美味しいよ!

【作り方】
 1.ボールに白玉粉を入れ、水を少しづつ加えながら、耳たぶくらいの
   柔らかさにまとめる。
   適当な大きさにちぎり、丸めて1cmの厚さにし、真ん中を窪ませる。
   沸騰させたお湯で茹でて、白玉が浮き上がってきたら更に2分茹で
   て、水にとって冷やす。

 2.練りごまと牛乳を鍋に入れて、弱火にかける。滑らかになったら、
   ゆであずきを加えて火を止める。

 3.器に水気をきった白玉を入れて、2を加えれば出来上がり!

 ※練りごまは白でも黒でもOKですが、無塩・無糖がおすすめ。
  ごまの風味がたっぷりで、甘さ控えめの優しい味です。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
●子育て支援行事の予定

◆子育て支援講演会
 「親と子のための防煙教室」
 - さあ、こどもたちに無煙環境を!
   これからの将来を担うこどもたちの暮らす町、学校、幼稚園等の
   生活空間をタバコの煙の無い『無煙環境』にしていきましょう -

  小・中学生の喫煙が増えていることから、小中学生及びその保護者、
  養護教員他教育関係者を対象とした防煙教室を開催致します。

 日 時:平成16年3月13日(土)14時から16時
 場 所:福山市医師会館 4階 講堂
 講 演:①「タバコを吸うとどうなるの?」
        徳永豊先生(安佐市民病院内科)
     ②「健康増進法施行後の福山市の分煙状況」
       ―学校での喫煙を含めて―
        徳毛健治先生(とくも胃腸科皮ふ科院長)

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
●子育て支援事業のご紹介

○福山夜間小児診療所

福山市医師会では毎日、夜間における子供さんの急病(内科的疾患)の診
療を行っております。
福山小児科医会の小児科医師が19時から23時(受付は22時45分)
まで交代で担当し年中無休で診療しています。

受診の際は、健康保険証と母子健康手帳をお持ち下さい。

  □福山夜間小児診療所出務医当番表(2月)
   http://www.fmed.jp/syoni/index.html


○すこやか育児サポート事業(無料育児相談)

福山市医師会では、産婦人科医、小児科医、市町村保健師の連携による、
育児の支援・サポート事業を実施しております。
この事業では、育児や出産に対して不安をお持ちのお母さま方に、専門家
である小児科医や保健師の指導を無料で受けて頂くものです。
どんな些細な悩みでも相談して頂くことにより、不安解決の糸口となれば
と思い実施しております。
この事業は、妊娠中の方もご利用頂けます。
また、場合によっては保健師さんの家庭訪問も可能です。

  □詳しいパンフレットご希望の方は、以下までご連絡下さい。
   Mail:kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp まで

●日本医師会「キッズクラブ」のご紹介

このホームページでは、お医者さんのこと、病気のこと、育児のこと、お
菓子づくりのことなどを、イラストで分かり易く紹介しており、マスコッ
トの「にっちー」が案内してくれますので、お子さまと一緒に楽しくご覧
いただける内容となっておりますので、是非ご覧下さい。

  □日本医師会「キッズクラブ」はこちら
   http://www.med.or.jp/kids/index.html
 ※福山市医師会ホームページの子育て支援ページからもリンクしてます。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
●お知らせ

  □このメールマガジンで取り上げて欲しい話題や
こんなことを教えて欲しいという事がありましたらこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
 【発行】 社団法人 福山市医師会

  ホームページ  http://www.fmed.jp
 
  □このメールマガジンに関するご意見・ご感想はこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp

※著作権法の規定により、他者の著作物を私的な目的以外で複製する
 ことは、禁止されています。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆