第82号 平成22年6月11日

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■
◆◇◆      福山市医師会子育て支援メールマガジン     ◆◇◆
                          第82号 平成22年6月11日

  福山市医師会は、子供さんの健やかな成長とお母さま方の子育てを応援
 しており、さまざまな子育てに関する情報をメールマガジンとして配信い
 たします。
  小児科医や産婦人科医による子育てや病気の説明、流行している疾患の
 情報、イベントのご案内等を毎月配信いたします。

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■
===================================
□ Index
 ● 最近の感染症情報
 ● 今月のトピック「肺炎球菌結合型ワクチンの接種が可能に」
 ● おくすり一口メモ「溶連菌感染症使われるおくすり」
 ● 第18回離乳食レシピ!「にんじんのりんご煮・キャロット蒸しケーキ」
 ● パパ・ママへ(子育て支援事業のご紹介)
===================================


●最近の感染症情報

 現在、小児の間で最も流行している感染症は感染性胃腸炎です。ロタウイ
ルスによる感染性胃腸炎とノロウイルスによる感染性胃腸炎が共に流行して
いますが、感染性胃腸炎全体としては減少の傾向にあります。これから夏に
向かって徐々に終息する可能性がありますが、引続きおむつ交換や吐物、下
痢便の処理後にはせっけんと流水での手洗いを心がけてください。

 次に水痘(水ぼうそう)が増加傾向にあります。

 さらに夏かぜの一種である手足口病が目立っています。先週から発生数は
横ばい状況ですが、感染者の数は少なくありません。

 その他には、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、溶連菌感染症があります
が、前回から発生数にほとんど増減なく横ばい状況です。

 また、少し前に県内でB型インフルエンザの急増がありましたが、現在は
明らかに減少しており、流行の兆しは見られていません。

 子どもたちの間で流行する疾患の多くは、飛沫感染か接触感染によって広
まります。インフルエンザに限らず「手洗い・うがい」、特に「手洗い」を
励行すると感染症の罹患回数が減少することが明らかになっていますので、
子どもの時期から「手洗い・うがい」を習慣として身につけておくことが好
ましいでしょう。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●今月のトピック

**********************************************************************
      「 肺炎球菌結合型ワクチンの接種が可能に 」
**********************************************************************

 今年3月から導入された予防接種「肺炎球菌結合型ワクチン」についてお
話します。

Q 肺炎球菌結合型ワクチンとは?
A 肺炎球菌は、高齢者の肺炎の原因菌で、子供にも細菌性髄膜炎や敗血症
  を引き起こします。従来の肺炎球菌ワクチンは高齢者用で、2歳以下の
  小児には使えないものでしたが、今年3月から新たに導入された肺炎球
  菌結合型ワクチンは、2歳未満の乳幼児でも、十分な抗体(免疫)を獲
  得できます。Hib(ヒブ)ワクチンとともに、細菌性髄膜炎の予防の
  ために重要なワクチンです。

Q 小さなお子さんをお持ちのお母さんにとって、うれしいことですね。
A はい。2000年くらいから現在までに世界99カ国で導入されていま
  すが、肺炎球菌による細菌性髄膜炎、敗血症など、重大な感染症は激減
  しています。日本では大幅に導入が遅れ、やっと受けられるようになり
  ました。ただ、肺炎球菌にもいろいろなタイプがあり、すべてを予防で
  きるわけではありませんが、肺炎球菌によって起こる感染症をかなりの
  割合で予防できます。また、最近の肺炎球菌は抗生物質が効きにくくな
  っており、いったんかかると治療に難渋することが多いため、ワクチン
  による予防が一層重要です。お子さんの命と健康を守るためにもぜひ接
  種していただきたいと思います。重大な副反応もほとんどないとされて
  います。

Q 肺炎球菌結合型ワクチンを受けるには?
A かかりつけの小児科で受けられます。望ましい接種スケジュールは、生
  後2カ月以上7カ月未満で接種を始めて、12カ月までに1カ月以上の
  間隔で3回接種。その後、12カ月〜15カ月に追加接種1回の、計4
  回です。3種混合との同時接種も可能で、前述の開始年齢を過ぎていて
  も、9歳までは接種できます。

Q 金額は?
A 任意接種なので、自己負担となります。
  病院によって異なりますが、1回の接種につき、8400円〜1万円程
  度。3種混合との同時接種も可能です。詳しいことはかかりつけの小児
  科医にご相談ください。

          リビングふくやま(5月29日号)掲載記事より


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●おくすり一口メモ

**********************************************************************
  「 溶連菌感染症使われるおくすりについて
     (勝手に中止してはいけないくすり) 」    福山市薬剤師会
**********************************************************************

 近頃は皆さんがたも「溶連菌」といえば理解していただけるようになりま
した。

 正式には溶血性連鎖球菌というバイ菌のことですが、いろいろな種類があ
り、あまり病状を起こさない種類もあります。

 ただ空気が乾燥してのどの粘膜に菌が付きやすくなる11月ごろから多く
なります。咳や鼻水はないのにのどの痛みを訴えられ突然の高熱が出ること
があります。舌にイチゴのようなぶつぶつや軽い発疹を看ることもあります
が、治療としてペニシリン系・セフェム系やマクロライド系の抗生物質がほ
ぼ100%有効です。

 ただ、この病気は熱が下がっても7〜10日位はおくすりを続けていただ
きます。中途半端になると腎炎やリウマチ熱などの二次感染症を起こすこと
がまれにあります。症状が治まったからと自己判断で中止してはいけない代
表的なおくすりの使い方です。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●第18回 離乳食レシピ!

**********************************************************************
    「 にんじんのりんご煮・キャロット蒸しケーキ 」
**********************************************************************

 今回は、にんじんを使ったレシピを紹介します。


<選び方>
 きれいなオレンジ色で表面がなめらかなものを選びましょう。首が青いも
のは固いので全体がオレンジ色のものが離乳食にはむいているでしょう。


<保存方法>
 使いかけのにんじんは切り口にラップをかけ、穴の開いたビニール袋に入
れて冷蔵庫で保存。使っていないものは新聞紙にくるんで冷蔵庫へ。


<ワンポイント>
 にんじんに含まれるβカロチンは油と一緒にとると吸収率があがります。
後期以降なら炒めものなどで調理してもよいでしょう。



★離乳食中期 にんじんのりんご煮★

<材料>
 にんじん4.5cm厚さの輪切り 1枚
 ベビーフードのりんごジュース  1/2カップ

<作り方>
 ①にんじんは皮をむき、みじん切りにする。
 ②鍋にベビーフードのりんごジュース1/2カップと①をいれやわらかく煮る。



★離乳食後期 キャロット蒸しケーキ★

<材料>
 にんじんすりおろした状態のもの 大さじ2
 溶き卵             1/2個
 ホットケーキミックス      大さじ3

<作り方>
 ①にんじんは皮をむき、すりおろしておく。
 ②溶き卵に①とホットケーキミックスを加えて混ぜる。
 ③カップなどの型に入れ、湯気のたった蒸し器で強火で15分蒸す。
(※電子レンジで加熱してもよいでしょう)



☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆


●ママ・パパへ(子育て支援事業のご紹介)

 1┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 福山夜間小児診療所
http://www.fmed.jp/kosodate/yakan/index.html

 2┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ すこやか育児サポート事業(無料育児相談)
http://www.fmed.jp/kosodate/k_shien/sukoyaka/index.html

 3┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 日本医師会「キッズクラブ」  http://www.med.or.jp/kids/

  ☆★ PICK UP ★☆
いろいろなびょうき 「水いぼ」
 http://www.med.or.jp/kids/byoin/sick/0506/0506-1.


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆
●お知らせ
  □このメールマガジンで取り上げて欲しい話題や
    こんなことを教えて欲しいという事がありましたらこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行】 社団法人 福山市医師会
   ホームページ http://www.fmed.jp
 
  ■このメールマガジンに関するご意見・ご感想はこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
***********************************
福山市医師会は
地球温暖化防止プロジェクト「チーム・マイナス6%」に参加しています!

 CO2を減らす「チーム・マイナス6%」ホームページ
     http://www.team-6.jp/
***********************************