第93号 平成23年5月13日

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■
◆◇◆      福山市医師会子育て支援メールマガジン     ◆◇◆
              第93号 平成23年 5月13日

  福山市医師会は、子供さんの健やかな成長とお母さま方の子育てを応援
 しており、さまざまな子育てに関する情報をメールマガジンとして配信い
 たします。
  小児科医や産婦人科医による子育てや病気の説明、流行している疾患の
 情報、イベントのご案内等を毎月配信いたします。

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■

===================================

□ Index
 ● 最近の感染症情報
 ● 今月のトピック「子供に多い溶連菌感染症について」
 ● 第39回 お手軽おやつレシピ!「ふるふるいちごゼリー」
 ● イベント情報 「福山ばら祭2011 子育て相談コーナー」
 ● パパ・ママへ(子育て支援事業のご紹介)

===================================

●最近の感染症情報

 現在、小児の間で流行している疾患は、多い順に
①感染性胃腸炎、②インフルエンザ、③溶連菌感染症、④手足口病、⑤流行
性耳下腺炎(おたふくかぜ)、⑥水痘(水ぼうそう)、⑦咽頭結膜熱(プー
ル熱)、となっています。

 現在、急速に増加している感染症は見られません。

 インフルエンザは先月に引き続き減少し、感染性胃腸炎の発生数より下回
って第2位の流行規模となり、今後も更に減少することが予測されます。
 しかし夏季に向かってこれからは、手足口病などの夏風邪が流行しやすな
ります。また、インフルエンザも減少していますが患者数はまだ少なくあり
ませんので、引き続き「手洗い・うがい・マスクの着用」をご留意ください。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆


●今月のトピック

**********************************************************************

   「 子供に多い溶連菌感染症。
      合併症を防ぐため、症状が消えても抗生物質の服用を 」

**********************************************************************

 今回は「溶連菌感染症」についてお話します。

Q 子供に多い?
A はい。お子さんがのどに炎症を起こしている場合、多くはウイルスが原
  因ですが、細菌によるものでは、怖い合併症を引き起こす溶連菌に注意
  が必要です。

Q 症状は?
A 発熱(38〜39度)と、のどの痛みですが、幼児は痛がらないことも
  あります。体や手足に小さくて赤い発疹(ほっしん)が出たり、舌にイ
  チゴのようなツブツブ(イチゴ舌)ができたりします。まれに首筋のリ
  ンパ節の腫れも見られます。風邪と違って咳(せき)や鼻水はほとんど
  ないのも特徴です。

Q 診察では? 
A 確認のために検査を行い、溶連菌感染症と分かれば、抗生物質が出され
  ます。薬を飲み始めると、1日で熱が下がり、のどの痛みも和らいでき
  ます。確実に溶連菌を退治し、重大な合併症を引き起こさないために、
  症状が消えても抗生物質はしばらく飲み続けなければなりません。一部
  の抗生物質以外は、10日間、飲み続ける必要があるといわれています。

Q 10日間、薬を飲み続けるのは子供にとって難しいようですが...。
A 決められた期間、抗生物質を飲み続けていないと、心臓弁膜症などを起
  こすリウマチ熱や急性糸球体腎炎といった合併症につながることもある
  のです。抗生物質を飲み始めて1日たっても熱が下がらず、のどの痛み
  も消えないようでしたら再受診してください。

Q 繰り返しかかることもあるそうですね。
A はい。大人になってもかかります。溶連菌は咳やくしゃみなどで近くの
  人に感染しますし、経口感染することもあります。一人がかかったら、
  家族、きょうだいへの感染に注意し、できれば一緒に検査を受けておく
  と良いでしょう。抗生物質が効いて熱が下がり、伝染する可能性がない
  と判断されれば、登園・登校を。また、発病1カ月後に尿検査をして、
  正常であればもう大丈夫です。

        リビングふくやま(4月30日号)掲載記事より


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆


●第39回 お手軽おやつレシピ!

**********************************************************************

         「 ふるふるいちごゼリー 」

**********************************************************************

 日中は日差しが強いと少し汗ばむ季節になってきました。

 外に出かけえる機会も増えてきたのではないでしょうか?

 今回ご紹介するのは子供たちが大好きないちごのゼリー。切って固めるだ
けなので子ども達とも一緒に作れますよ。


★ふるふるいちごゼリー★

<材料>
 いちご     1パック(300g程度)
 粉ゼラチン   8g
 砂糖      90g
 レモン汁    大さじ2

<作り方>
 ① 粉ゼラチンを大さじ1の水でふやかす。
 ② いちごを洗い、へたを取る。いちごは1/2に切っておく。
 ③ 切った後のいちごと砂糖レモン汁を混ぜて水分が出るまで20分ほど
   おいておく。
 ④ 水300ccを火にかけ、沸騰させる。
 ⑤ ふやかしておいた①の粉ゼラチンを沸騰したお湯に加えて溶かしておく
 ⑥ バットなどの大きな入れ物に③を水分ごと入れ、⑤の溶かしたゼラチ
   ンを少しずつ加えて混ぜ合わせる。
 ⑦ 冷蔵庫でゼリーが固まるまで2〜3時間ほど冷やして出来上がり。


 ※ポイント

  出来上がりは少し柔らかめです。グラスの器に盛るときれいでふるふる
 感が味わえますよ。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆


●イベント情報

**********************************************************************

       「福山ばら祭2011 育児相談コーナー」

**********************************************************************

 今年も福山市医師会は、5月14日(土)と15日(日)の福山ばら祭で
10時〜17時まで、緑町公園内で子育て相談コーナーを開設します。

 病院では聞けなかったけどちょっと気になっていたことや、病気や育児に
ついてなど、疑問はありませんか?小児科医と保育士が無料で相談をおうか
がいします。

 当日会場で子育て相談をご利用いただいた方には、お子さんへミニおもち
ゃをプレゼント。
 その他にも楽しいイベントをご用意して、皆様のご来場をお待ちしており
ます。お気軽にお越し下さい。


 日 時 : 5月14日(土)15日(日) 10時〜17時
  
 会 場 : 緑町公園内、ばら花壇西のテント
        ※目印は「子育て相談コーナー」の水色の看板
 
 内 容 :◎育児相談 (小児科医、保育士)
      ◎0歳〜6歳までの子どもたちの育ちあう姿を写真で紹介
      ◎手作りのプレゼントなど
      ◎ベビールーム
      ◎キッズシアター(手遊び、楽器遊び、リズム)
        第1回 10:30〜
        第2回 12:00〜
        第3回 14:00〜
        第4回 15:30〜


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆


●ママ・パパへ(子育て支援事業のご紹介)

 1┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 福山夜間小児診療所
http://www.fmed.jp/kosodate/yakan/index.html

 2┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ すこやか育児サポート事業(無料育児相談)
http://www.fmed.jp/kosodate/k_shien/sukoyaka/index.html

 3┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 日本医師会「キッズクラブ」  http://www.med.or.jp/kids/

☆★ PICK UP ★☆
 こんなときどうする?「かぜ」
http://www.med.or.jp/kids/seika/genki/ka0506/index.html


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●お知らせ
  □このメールマガジンで取り上げて欲しい話題や
    こんなことを教えて欲しいという事がありましたらこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行】 社団法人 福山市医師会
   ホームページ http://www.fmed.jp
 
  ■このメールマガジンに関するご意見・ご感想はこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━