第98号 平成23年10月14日

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■
◆◇◆      福山市医師会子育て支援メールマガジン     ◆◇◆
                          第98号 平成23年10月14日

  福山市医師会は、子供さんの健やかな成長とお母さま方の子育てを応援
 しており、さまざまな子育てに関する情報をメールマガジンとして配信い
 たします。
  小児科医や産婦人科医による子育てや病気の説明、流行している疾患の
 情報、イベントのご案内等を毎月配信いたします。

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■

===================================

□ Index
 ● 最近の感染症情報
 ● 今月のトピック「乳頭乳輪部カンジダ症について」
 ● おくすり一口メモ「アセトアミノフェンについて」
 ● 第14回季節のお料理レシピ!「洋風炊き込みご飯」
 ● パパ・ママへ(子育て支援事業のご紹介)

===================================


●最近の感染症情報

 現在、小児の間で流行している感染症は、多い順に
①手足口病、②感染性胃腸炎、③溶連菌感染症、④RSウイルス感染症、
⑤流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、⑥水痘(水ぼうそう)、⑦ヘルパンギーナ、
⑧咽頭結膜熱(プール熱) となっています。
 
 手足口病やヘルパンギーナはいわゆる小児の夏かぜといわれ、これらは全
体としてはこれから減少に向かう兆しとなっています。
 一方、感染性胃腸炎はこれから11月、12月に向かって本格的に流行し
始めますのでご注意ください。

 また、RSウイルス感染症は、例年より流行の始まる時期が早く、現在増
加傾向が著しい疾患です。例年12月をピークに9月〜3月にかけて流行す
る疾患ため、これからさらに感染者数が増加する見通しです。
 RSウイルス感染症は2歳までにほほ100%の小児が感染し、終生免疫
ができないため過去に感染したことがあっても、その半数は再感染を起こし
ます。2歳以上の年長児が感染した場合は、ほとんど感冒症状とかわりない
症状で回復しますが、2歳未満の乳幼児が感染すると、細気管支炎や、肺炎、
下気道感染症に発展して時に入院治療が必要となる場合があります。
 RSウイルス感染症に限らず、感染症共通の予防策は「手洗い」「うがい」
です。外出からの帰宅時には忘れず手洗いとうがいを行うよう心がけましょう。

 その他に、10月からインフルエンザの予防接種が始まりました。感染後
の治療も大切ですが、何より感染を予防することが一番です。早めに予防接
種を受けられておくことをお勧めします。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆


●今月のトピック

**********************************************************************

        「 乳頭乳輪部カンジダ症について 」

**********************************************************************

 真菌が感染して起こる乳頭乳輪部カンジダ症。清潔を心掛け、体調管理に
努めて予防を。

 産後、授乳での悩みは尽きないもの。

Q 乳頭などに関するトラブルでは何が?
A 産後間がなく、まだ乳汁分泌が少ない時期には、乳房うっ積で赤ちゃん
  が浅飲みしやすいころには、乳首に亀裂内出血などのトラブルが起きや
  すいものです。乳汁分泌も増え、スムーズに授乳できるころになって乳
  頭に亀裂ができたり、乳輪が赤くなったら、まずカンジダ症を疑ってみ
  ることが必要です。

Q カンジダ症とは?
A 真菌の感染症です。乳汁による湿潤性のために、真菌が感染しやすくな
  ることが原因ですが、多くは赤ちゃんの口内のカンジダ症の真菌が母親
  の乳頭乳輪部へ感染して起こります。症状は、乳頭乳輪部のかゆみや違
  和感、亀裂、発赤のほか、白っぽくなって、皮膚の角質がはがれ落ちた
  りします。同時に赤ちゃんの舌やほおの粘膜に乳かすのような白いはん
  点が見られる鵞口瘡(がこうそう)という状態になることが多いです。

Q 治療は?
A 抗真菌剤を母親の乳頭乳輪部へ塗りますが、赤ちゃんの口の中の治療も
  同時に行うことも必要です。多くは4、5日で治癒します。亀裂を伴っ
  たり、湿潤化している場合、また、陥没乳頭に感染した場合は、治りに
  くいことが多いので、母乳を乳首から直接吸わせないで、抗真菌剤を塗
  布しつつ、局所を乾燥させるようにします。また、カンジダ症かその他
  の亀裂か分からない場合は、まずは抗真菌剤を使うことを選びます。こ
  れは、カンジダ症にほかの軟こうを使うと悪化することがあるからです。

Q 予防は?
A ぬらしたタオルでふいたり、汚れた母乳パットは早めに換えて乾燥に努
  めるなど、乳頭乳輪部を清潔に保つことです。赤ちゃんの口内に鵞口瘡
  がないかの確認と早期の治療も必要です。体調を崩し、抗生物質を使用
  した後など、体が弱っているときにカンジダ症にかかりやすいので体調
  管理にも努めましょう。

           リビングふくやま(9月24日号)掲載記事より


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆


●おくすり一口メモ

**********************************************************************

      アセトアミノフェンについて
                        福山市薬剤師会

**********************************************************************


 アセトアミノフェンは、小児の発熱や痛みによく使われるおくすりですが、
これは「おくすりの成分の一般名」で「商品の名前」ではありません。

 処方される名前としては「アンヒバ」「アルピニー」「カロナール」「ア
ニルーメ」他、数種類があります。
 剤形も「粉」、「錠剤」、「液」、「坐剤」と用意されています。さらに
坐薬では1個「50mg」、「100mg」と「200mg」、錠剤は1錠
「200mg」と「300mg」などの種類があり、年齢・体重で使い分け
られます。
 小児に安全な熱さましは非常に少なく、もっぱらこのアセトアミノフェン
製剤が使われています。

 ただ小児の熱は脱水症状等に注意すれば40度近くてもおくすりの必要は
ないとも言われています。もちろん熱性けいれんの既往がある小児は別です
ので、医師の指示、処方に従いましょう。

 またアセトアミノフェンは解熱鎮痛剤ですから、「痛み止め」の作用もあ
ります。熱と同様、痛みにも小児に安全とされるくすりはほとんどありませ
んので、中耳炎などで痛みを訴える子供さんに使われることがあります。


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆


●第14回 季節のお料理レシピ!

**********************************************************************

           「 洋風炊き込みご飯 」

**********************************************************************


 夏の暑い陽射しがやわらいできたら、いよいよ食欲の秋ですね!

 新米や栗、きのこなど秋は美味しいものがいっぱい。

 今回は、しめじを使った洋風炊き込みご飯を紹介します。
 コーンの甘味とベーコンのコクが出て、子ども好みの味付けです。

 ぜひ、作ってみて下さいね。


○●しめじの豆知識●○

 カルシウムの吸収を助けるビタミンDの他、ビタミンB1・B2などを豊
富に含んでいます。
 カサが開きすぎず、しまりのあるものが新鮮です。いたみやすいので早め
に使いきりましょう。



<洋風炊き込みご飯(材料4人分)>

 しめじ        1パック
 玉ねぎ        1/2個
 コーン(缶詰)    100g
 ベーコン(薄切り)  3枚
 米          2合
 固形コンソメ     1個
 塩・こしょう     各少々


<作り方>
 ①しめじは小房に分け、玉ねぎは粗みじん切り、ベーコンは1cm幅に切る。
  コーンの水気を切っておく。
 ②炊飯器にといだ米を入れ、2合分の水を加える。①をのせ、砕いたコン
  ソメ、塩・こしょうを加える。
 ③炊き上がったら混ぜ合わせ、器に盛る。


♪ワンポイント♪

 お好みで炊き上がった後に、バターを加えても美味しいですよ。



☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆


●ママ・パパへ(子育て支援事業のご紹介)

 1┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 福山夜間小児診療所
http://www.fmed.jp/kosodate/yakan/index.html

 2┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ すこやか育児サポート事業(無料育児相談)
http://www.fmed.jp/kosodate/k_shien/sukoyaka/index.html

 3┓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┗┛ 
 日本医師会「キッズクラブ」  http://www.med.or.jp/kids/

 ☆★ PICK UP ★☆
  「おうちで たのしく、 からだ あそび!」
  http://www.med.or.jp/kids/seika/nature/sizen1107/index.html


 日本医師会「白クマ先生の子ども診療所」

 ★子どもさんの体に何か変化が生じたときの対応策を一緒に考えるコーナー
 http://www.med.or.jp/clinic/index.html


☆=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=☆

●お知らせ
  □このメールマガジンで取り上げて欲しい話題や
    こんなことを教えて欲しいという事がありましたらこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行】 社団法人 福山市医師会
   ホームページ http://www.fmed.jp
 
  ■このメールマガジンに関するご意見・ご感想はこちらへ
    Mail: kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━