創刊号 平成15年7月10日

■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■
◆◇◆  福山市医師会子育て支援メールマガジン  ◆◇◆
                 創刊号 平成15年7月10日

 福山市医師会は、子供さんの健やかな成長とお母さま方の子育てを応援
 しており、さまざまな子育てに関する情報をメールマガジンとして配信
 いたします。
 小児科医や産婦人科医による子育てや病気の説明、流行をしている疾患
 の情報、イベントのご案内等を毎月配信いたします。
 
====================================
 □ 目 次
  ● ご挨拶
  ● 子育てに関するアンケートのお礼
  ● 今月のトピック 「感染症について」
  ● 子育て支援事業のご紹介
  ● 児童虐待防止小冊子の配布について
  ● 子育て支援行事の予定
====================================
■■〓〓〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓〓〓■■

●ご挨拶

************************************************************************
       「皆さんとの身近な連携を望んでいます」
                   福山市医師会 会長 黒瀬康平
************************************************************************

 私たちは、「健康ふくやま21」の最も重要なテーマとして「子育て支援」
を取り上げています。医療機関での産前産後のケアー、乳幼児、学童の検診な
どの限られた保健事業をさらに発展させ、家庭内での、あるいは地域内での子
育てに適した環境整備のための支援事業をさらに展開したいと考えています。
 このメールマガジンをご利用いただくと共に、皆さんから「地域で取り組む
子育て支援活動」などの提言をお待ちしています。
 日本の未来を託する子供たちを健やかに育てることが、低迷するわが国にと
って、今最も重要な課題であると福山市医師会は考えています。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

●子育てに関するアンケートのお礼

 去る5月17日、18日の両日、福山ばら祭りへ「子育て支援コーナー」を
開設し、子育てに関するアンケート調査を実施しましたところ、1,513名のご
協力を頂き、貴重なデータを収集することが出来ました。
 頂いたご意見を基に、今後の子育て支援事業を企画していくこととしており
ます。
 ご協力ありがとうございました。


◆プレゼント当選者はこちら◆
http://www.fmed.jp/kosodate/tousensya.html

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

●今月のトピック

***********************************************************************
「感染症について」
しげはら小児科内科医院 茂原嗣也先生
***********************************************************************

-手足口病などウイルス性疾患に注意
睡眠と栄養をしっかり取って予防を-

 梅雨に入り、1日の温度差が激しいころですね。しげはら医院小児科内科
(木之庄町)の茂原嗣也先生に、この時季、子供がかかりやすいウイルス性
疾患について聞きました。
 「6月~9月ごろに流行する手足口病は、ウイルス性の疾患で、夏風邪の
一種です。手、足の発疹や口内炎が見られる疾患で、高熱が2、3日間続き
ますが、せきや鼻汁はあまりみられません。4日目には手足の発疹は、かれ
てきますが、口内炎は5、6日間続きます。ウイルスの種類が多いのが特徴
で、無菌性髄膜炎などを引き起こす場合もあるので注意が必要です。」
 ほかに、どんな感染症がありますか。
 「プール熱という言葉を聞いたことがありませんか。それがアデノウイル
ス感染症です。乳幼児から小中高生などに多い風邪の一つで、のどに違和感
があり、咽頭が赤くなって痛くなったり、扁桃に白っぽいウミのようなもの
が付いたりします。高熱が出ますが、薄着にして(汗取りのために必ず下着
は着せておく)衣類をパタパタとして空気を入れたり出したりして体を冷や
しましょう。うちわや扇風機を使う必要はありません。」
 他の細菌性感染症はありますか。
 「はい、溶連菌感染症は急性伝染病で年齢により症状が異なり、急性腎炎
や致命的な後遺症を残すことがあるリウマチ熱など、深刻な合併症につなが
る疾患です。高熱や全身に赤い発疹が見られたらすぐに診察を受けてくださ
い。」
 予防法はありますか。
 「いずれの病気も睡眠と栄養をしっかり取ることです。風邪の症状とよく
似ているので、発見が遅れないようにするためにも、早めの診断と適切な処
置が大切です。」

                リビングふくやま(6月28日号)掲載記事

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

●子育て支援事業のご紹介

○福山夜間小児診療所
平成12年4月10日より、福山市医師会では毎日、夜間における子供さ
んの急病(内科的疾患)の診療を行っております。福山小児科医会の小児科
医師が19時から23時(受付は22時45分)まで交代で担当し年中無休で
診療しています。
受診の際は、健康保険証と母子健康手帳をお持ち下さい。

◆ 福山夜間小児診療所出務医当番表◆
 http://www.fmed.jp/syoni/touban.html


○すこやか育児サポート事業(育児相談)
 福山市医師会では、産婦人科医、小児科医、市町村保健師の連携による、
育児の支援・サポート事業を実施しております。この事業では、育児に対し
て不安をお持ちのお母さま方に、専門家である小児科医や保健師の指導を無
料で受けて頂くものです。どんな些細な悩みでも相談して頂くことにより、
不安解決の糸口となればと思い実施しております。
 また、ケースによっては保健師さんの家庭訪問も可能です。

この事業の詳しいパンフレットご希望の方は、以下までご連絡下さい。

資料請求は Mail:kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp まで

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

●児童虐待防止小冊子の配布について

2000年の児童虐待防止法の制定以来、児童虐待で児童相談所に保護さ
れる児童の数は、急激に増えてきておりますが、このような状況を改善する
ことを目的に、福山市医師会では、本年1月より「児童虐待防止キャンペー
ン」を実施しており、児童虐待の防止に努めております。
 そこで、去る1月23日に医療関係者、教育関係者、福祉関係者等を対象
に行った講演会の内容をもとに、虐待とはどのようなものかを一人でも多く
の人に虐待とは何かを知って頂き、地域の人たちは具体的にどのように対応
したらよいのか等の具体例を盛り込んだ、小冊子が出来上がりました。
 助けを求めている子どもたちの声に耳を傾け、手をさしのべるためにも、
是非、皆さんにお読み頂きたい内容であります。


この小冊子を希望される方は、
Mail:kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp まで

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

●子育て支援事業行事の予定

◆9~10月頃 
 〈健康ふくやま21協賛〉
      子育てフェスタinポートプラザ

  内容:1「もっと子育てを楽しもう!」
      (1)子育て相談・栄養相談
      (2)親子体験コーナー(キーホルダー作り、折り紙、ぬり絵等)
      (3)プレイコーナー(大型遊具、おもちゃ等)
     2「子育て環境改善に向けて」
      (1)就学前までの医療費無料化署名運動
      (2)学童禁煙相談・指導

        主催:福山市医師会、福山夜間小児診療所

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

 ● このメールマガジンに関するご意見・ご感想はこちらへ
   Mail: kosodate-owner@fukuyama.hiroshima.med.or.jp

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


   【発行】 社団法人 福山市医師会
         
         福山市医師会公開ホームページ
         http://www.fmed.jp


 ※著作権法の規定により、他者の著作物を私的な目的以外で複製することは、
  禁止されています。
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆