在学生の声

第二看護学科 2年 福岡聡子

 福山市医師会看護専門学校准看護科を卒業後、第二看護学科に入学して1年が経ちました。

 私は入学時、学校に慣れていたので学校生活に特に戸惑いはなかったのですが、小学生の子供がおり、更に入学直後から准看護師として病院で働き出したため、学校・仕事・家庭の両立が出来るのだろうかと不安でした。

 第二看護学科は社会人経験者や家庭がある人も多く、助手として病院に勤務し既に両立をしていた同級生も多数いるため、仕事や家庭での悩み相談や、試験前等に共に勉強をする中で不安は解消し、今、充実した日々を過ごしています。

 講義ではグループワークをする事が多く、他メンバーの意見に共感する事もあれば、准看護師として働いている点は同じでも、病院の病棟勤務・施設で勤務・産婦人科や健診施設での勤務等、働いている環境も業務内容も違うため、異なる立場からの意見を聴く事で、更に看護を深める事ができるうえ、自分の視野を広げる事にも繋がります。また、日々の講義の勉強、試験勉強、国家試験や実習に向けての学習など、する事が多い上に講義内容も専門性を増し、決して楽ではありませんが、苦労を共にする事で学生同士の仲が深まりやすく、今までとは違う密接な交友関係が築けます。もちろん自力で解決困難な場面では先生方からのサポートもあり、こちらからの相談にも真剣にアドバイスをしていただけます。

 そして、本校では入学直後の新入生歓迎会や国家試験前の壮行式や3年生を送る会など第二看護学科の他学年との交流もあるうえ、広島県東部地区のスポーツ交流会や看護の日・学習発表会、他学科と合同の行事もあるため、現役生や社会人経験者、男女を問わず幅広い年齢層の様々な立場の人達と交流をする機会も多く、得るものも多くあります。

 このように恵まれた環境で勉強できる事を感謝し、同じ志を持った仲間と共に、自分の理想の看護師像に近づけるようにこれからも努力していきます。

准看護科 2年 河相友子

 私は他県で歯科医院に勤務していましたが、祖母の入院をきっかけに帰福し家族という立場で医療を知りました。

 祖母の援助からもっと専門的知識・技術を得たい、そして「その人にとって何が最も良いのか」考えられる看護師になりたいと決意しこの学校に入学しました。

 准看護科の学生は、半日しか学校に登校しないので病院で勤務する人や学業だけに専念している人、アルバイトしている人もおり年齢層も様々です。

 私は仕事と勉強との両立で大変ですが家族の理解と支えを受け、謙虚な気持ちを忘れず仲間と看護を楽しく学んでいます。また3課程合同の行事から多くの学びがあり、人として看護者として成長を感じています。

 先生方のご指導を受けながら目標に向かって一歩一歩前進し、患者に寄り添える看護者を目指しています。