学校の概要

本校は広島県東部に位置し、近代的な施設と教育設備を誇る学校です。

福山地域における看護師養成事業は、明治41年11月創立の私立福山産婆・看護婦養成所に始まり、その時代に即応した看護教育の変遷をたどっています。

戦後、本校で教育を受けた卒業生は8,000名となり、その多くが福山市を中心とした病医院に就職し、地域住民の医療の充実に貢献しています。

現代の社会状況の変化と医学のめざましい進歩にともない、医療内容は高度化複雑化しています。本校の教育はこのような時代に対応できる看護師に必要な専門知識、技術の習得のみならず、豊かな人間性を養い将来の地域医療、看護を担う有能な看護師を育成することを目指しています。

臨地実習は市内の国公立の総合病院を中心に訪問看護ステーション、市立保育所、老人施設、精神病院等の全面的な協力を得て、その規模内容とも充実したものとなっています。

高等課程から専門課程へと一貫教育をめざす看護教育は大きな本校の特色です。それに加えて、全日制3年課程の第一看護学科がスタートし、3課程を併設した総合看護学校となりました。益々地域医療や看護を担う看護師養成を目指しています。